管理薬剤師とは若干異なりますが、
研究職になって働くことも1つの手です。

創薬相当な時間莫大な費用が必要で、
ハイリスク・ハイリターンであることから
研究開発部門は花形といっても過言ではありません。

どんな会社でも新開発した商品
独自の商品を持つことは、
例え不況が来たとしても自分たちの手で
商品を作ったものなので支給が遅れることも少なく、
急な価格変動も少なく、企業として不況に強くなります。

新しい薬は日本で販売の承認を得るために
治験を行う必要があるので、
資本の国内外を問わず開発部門は日本にも存在します
外資系企業においては日本では製剤研究のみ
創薬の基礎研究は行っていないという
企業も少なくはありません。

給与に関しては、基本給MR研究開発職
給料は同じくらいであり、
ただMRの場合は売り上げに応じて
インセンティブ(歩合)が付くので
研究開発職の方が安くなります。

薬剤師として研究開発となると、
2つの部門「研究部門」「開発部門」に分かれます。

研究部門においては有機化学薬物動態安全性など
分野ごとに分かれており
各自の専門に応じた部門に配属されます。

業務内容は大学の研究室での内容とほぼ同様ですが、
会社ですので、効率的な業務遂行がより一層求められる。
また、同じく会社ですから大学の研究室と異なり、
基本的には深夜まで研究するということは
余程のことがなければありません

開発部門に関しては、病院を訪問する「外勤部門」
治験の実施方法などを企画する「内勤部門」があり、
統計、監査、安全性などの部門があります。
新卒時は外勤又は内勤部門に配属されることが多い。

外勤部門では、一昔前では多いときはほぼ毎日出張して
全国の病院を訪問し、治験の依頼をしたり
試験データを収集したりすることがメインの業務で、
非常に体力が必要な職種でした。
とは言え、最近は電子的に試験データ
受信することが多くなってきているので若干事情は異なります

内勤部門では、治験の実施計画を作成することから
承認申請資料の作成まで治験に関わる
様々な企画文書の作成を担当することになります。

休日は会社カレンダーによって決まりますので、
大手の会社ならば、夏季年末年始などの
長期休暇もあります

研究開発職への応募は、
修士以上に限定される場合が多い(6年制薬剤師なら可)
ため応募可能者少なくなるが、
そもそも募集人員が少ないため、非常に狭い門です。
さらに会社によっては大学教授からの推薦がなければ
応募できない場合もあります。

一般募集で応募する場合は、
薬学研究科のみだとかTOEICなどの要件があるため
入念な前準備が必要です。
国内最大手の製薬会社では
TOEIC730点くらい必要な様です。

治験コーディネータ(CRC)
臨床開発モニター(CRA)のことについて
書いていこうかと思います。