薬剤師の種類の1つ
管理薬剤師という言葉があります。

管理薬剤師とは一体何なのでしょうか?
薬事法では薬局や店舗、製造業では拠点ごとなどに
1人以上の責任者を置くことが義務付けられています。

業務上、その責任者「管理薬剤師」と呼称し、
薬剤師でないと任命できません
簡単に言えば、薬剤師の方々の
「管理職」といった地位付けです。

管理職と言えば、
係長課長といった地位を思い浮かべるかもしれませんが、
工場で言えば、工場長よりも権限があるとされています。
実際に薬事工場では管理薬剤師が許可しないと
出荷できないものもありますので、
それくらい権限が強いのが管理薬剤師です。

管理薬剤師の下には、
病院なら病院薬剤師調剤薬剤師
勤務薬剤師と言われます。

薬局では経営者がいますが、
それでも管理薬剤師は1名はいないといけません。

管理薬剤師はその会社や薬局にって違いますが、
長年勤めている薬剤師の方で、
やっと就任することが出来たり、
新人で入ってすぐの時に管理薬剤師になったりと
会社や薬局によって、昇進スピードが異なります

また薬局薬剤師として、病院薬剤師として、
会社(企業)の薬剤師として、
管理薬剤師は「会社・病院・薬局」によって、
業務内容も異なってきます

では実際に管理薬剤師という位置づけになり、
薬剤師として年収(収入)を増やしていくためには
何が必要なのでしょうか?

薬剤師と言えども、誰かに雇われればサラリーマンです。
故に出世競争もありますし、
それにより給料(給与)も異なってきます。

次項については、その薬剤師として、
給与を上げていく方法・手段を書いていこうと思います。