管理薬剤師は薬剤師として働ける場所であれば、
どこででもなれるチャンスはあります。
その1つがドラッグストアです。

ドラッグストアでの薬剤師の求人
近頃は増えていますが、
ドラッグストアの業界全体で見ても、
大企業である場合が多く安定度は高いのが特徴です。

もちろん、競合も多いのが特徴ですが、
一番の問題は、一般用医薬品の販売調剤業務など
薬剤師業務の枠を超えた全く異なった業務
従事しないといけないことです。

長短所として言えるのは新卒では、
学ぶことが多いのですが、
それさえ乗り越えてしまえば、
いろいろな経験が出来るので、
刺激が多い現場と言えます。

また給料面でも、調剤薬局同程度かそれ以上で、
薬剤師の中でも高額の部類に入ります。
さらにほとんどが大企業であるため、
福利厚生など各種制度が充実している上に
昇給も十分見込めます

また能力があれば管理職役員にも
昇進することも可能であり、
管理薬剤師マニュアルのような
ある程度、ノウハウが確立している場合も多いので、
仕事を覚えやすくしてあるのも特徴的です。

ただ営業時間が長い場合が多いため、
比較的拘束時間が長い傾向があります。
特に店長やエリアマネージャーなどの
責任ある立場になるほど顕著です。

さらに言えば定休日が無い場合が多いため、
シフト制で休みは不定期になりがちですし、
会社によって異なりますが、全国転勤をしながら
薬剤師及び小売業全般について経験していく会社もあり、
(転勤があっても、通勤範囲内という会社もある)

調剤業務自体は調剤薬局で勤務する場合とあまり変わりませんが、
広範囲の医療機関の処方箋を応需するため
幅広い薬の知識が必要とされる場合が多い。

また一般用医薬品の販売も積極的に行う必要があるため、
一般用医薬品及びその周辺のドリンク剤サプリメントなど
業務を通じて幅広い知識が必要とも言えます。

以上がドラッグストアの傾向です。
これらをまとめますと、

1、ガンガン稼ぎたい方にお勧め。
2、薬剤師としてだけでなく、広い知識・能力を付けたい方にお勧め。
3、コミュニケーション能力に長けている方に良い。
4、全国各地で働きたい方は転勤を狙ってみても良い。

といったことになります。では次項に関しましては、
診療所について待遇や働き方を見ていこうと思います。