管理薬剤師は薬剤師として働ける場所であれば、
どこででもなれるチャンスはあります。
その1つが調剤薬局です。

調剤薬局で働く際は
薬剤師の資格さえあれば特別な資格はいりません
調剤薬局は名前の通り「調剤」とつくので、
そこで働く薬剤師は「調剤薬剤師」や
「調剤師」と呼ばれます。

調剤薬局の特徴は、
個人経営から上場企業まで規模は非常に幅広いことです。
個人経営であっても非常に質の高い所があったり、
大規模チェーンであってもブラック企業であることもあります。

また、来るもの拒まずで採用したり、
上場企業といっても産業全体から見たら
小規模であったりとまさに玉石混交です。

特に10店舗未満くらいの企業は
社長又は共同経営者やその家族の独裁であることが
よく見受けられ、念入りに調査することが大切です。
さらに、狭い空間同じ人員で勤務するため、
特に異動がしにくい企業においては
人間関係が非常に重要です。

調剤薬剤師の仕事内容
近隣医療機関からの処方箋の応需です。
門前調剤薬局(病院前の薬局)でしたら、
人もたくさん来ます。

重要なことは処方箋を間違いなく調剤することです。
最近では、一般名処方や後発品(ジェネリック)への変更など
薬剤師の力量が問われる場面が増えつつあります。
患者は当然のことながら、

近隣医療機関の医師や薬剤師などと
やりとりを行うためのコミュニケーション力が強く求められます。
その点、薬剤師として最も起業できる可能性が高いのが、
調剤薬局です。将来起業したいという方にはお勧めです。

新卒で調剤師になると、
高額な給料が支払われる場合が多いことが特徴です。
しかし、就活時には薬剤師として高額な給料だと思って、
就職したとしても、その後の伸びは少ない場合が多いのが、
調剤薬局の特徴の1つです。

特に数店舗以下の場合はその傾向は顕著に出ます。
店舗数が増えなければ会社の売り上げの伸びは大きくないので、
昇給しづらいい傾向があり、退職金制度各種福利厚生少ないことも多く、
結局生涯年収ではあまり高くはありません

一方、上場企業ある程度の規模であれば、
管理薬剤師(店長)→薬局長→エリアマネージャーといった
出世=収入の増加を見込めます。
さらに起業することが可能ですので、
今後を考える方なら、良い土台になります。

また、調剤薬局はギリギリの人員
業務を行っている場合が多く、特に店舗数の少ない
近隣にグループ店舗がない場合は
有給休暇は取得しづらい上に
近隣医療機関の営業時間に合わせた勤務を強いられることが
多いのが特徴です。逆に公立病院の門前薬局では
公務員さながらの定時勤務が可能であるなど、
同一会社内であっても店舗によって勤務状況が大きく異なります。

以上、調剤薬局の特徴でした。

まとめますと、

1、薬剤師として起業・独立したい方にはうってつけ。
2、新卒正社員として入社後、力を付けて将来転職したい方には良い。
3、コミュニケーションスキルを学びたい方にも良い。
4、事前の情報収集が得意な方なら、かなり良い現場を選べる。

ということです。

では次項につきましては、
ドラッグストアの特徴・就職についてみていこうと思います。