管理薬剤師とは若干異なりますが、
治験関係の仕事で働くことも1つの手です。

薬剤師の転職で、
調剤薬局やドラッグストア以外で
希望者が多いのが治験関係です。

治験というのは、新薬を開発するための臨床試験のことで、
具体的には患者さんから治験への参加の希望を募り、
実際に投薬を行い、その結果をデータ化したりするのが
全体の流れになります。

そのプロセスの全体または
一部に薬剤師として関わるというお仕事です。
ですから、勤務先は製薬会社か、
治験の業務を代行・サポートするCROと言われる企業になります。

また、治験の求人の主な職種としては、
治験コーディネータ(CRC)や
臨床開発モニター(CRA)などがあります。

治験コーディネーター(CRC)の仕事は
治験を実施する際に全体のプロセスがスムーズに進むよう
進行のサポートをしたり、治験責任医師、スタッフ、
被験者との間でスケジュールを調整したり、
サポートをしたりするのが仕事です。

故に、治験コーディネーターに必要なのは、
まずはコミュニケーション能力です。
医師とのコミュニケーション、
スタッフとのコミュニケーション、
被験者とのコミュニケーションが
欠かせない能力です。

臨床開発モニター(CRA)の仕事の方は、
新薬開発において、臨床試験のモニタリング業務を遂行します。
医療機関を回って、副作用がなかったかなど
症例の報告書を回収したり、
GCP(臨床試験を遂行するうえで満たすべき基準)や
薬事法に抵触していないかなどを調べ、
治験がきちんと実施されているかをチェックする仕事です。

これらの仕事は、薬剤師など国家資格をもつ
医療従事者であることが応募条件になっている
ケースがほとんどです。

最近では国際化が伴い、
関連文書が英字になっているケースが多いので、
応募条件の中に、英語の能力があると好ましいなど
という条項が含まれている求人も増えています

製薬会社の中には、外資系の会社や、
外国の製薬会社を子会社として持っている
製薬会社が多いので、英語の研修に力を
入れているところもあります。

給与に関しては、
会社の規模規定によって様々です。
例えば、治験コーディネータの給料や年収
「治験コーディネータの実務経験あり」の人のみを
対象としている求人なのかと
「治験コーディネータとしての実務経験は問わない
という求人なのかで給料年収大きな開きが出てきます。

「治験コーディネータの実務経験あり」の場合の年収は概ね、
年収400万円~650万円までが基本です。

「治験コーディネータの実務経験無し」の場合ですが、
こちらは、年収280万円辺り~450万円までの
範囲に収まっています。
ただし、未経験者で年収400万円以上というのは、
かなり金額としては高い方です。

もちろん役職が付いたり、年数を重ねる
年収は上がる傾向にありますが、
本当に会社によって様々ですので、
その部分は注意が必要です。

では次項に関しましては、
管理薬剤師の転職に関して、やってはいけないタブーについて
お話ししたいかと思います。