管理薬剤師の業務につくためには、
昇進という手もありますが、
「転職」で管理薬剤師になるという手もあります。

薬剤師の求人募集は、
探せばたくさんありますが、
良い企業病院に勤めたいのであれば、
人材紹介会社に頼んで、
薬剤師の転職情報を提供してもらいましょう。

しかしながら、人材紹介会社
都市圏と地方では、人材紹介会社の選び方
若干異なります

例えば、横浜や神戸、堺、川崎、さいたま、
八王子、立川、府中、藤沢、船橋、大宮、
新宿、所沢、町田、西宮、鎌倉、三鷹、豊橋、調布、
川越、大和、渋谷といった薬剤師に人気がある場所ならば、
求人が溢れているので【大手の人材紹介会社】
登録するのがお勧めです。

都市圏薬剤師人気がある地域ならば、
大手の人材紹介会社には求人情報や転職情報が
非常に多く集まっています。

求人の数においても、においても、
大手の人材紹介会社の方が良いです。

ですが地方の場合は、
大手の人材紹介会社よりも、
地方に特化した【地方密着型の人材紹介会社】の方が、
求人の数、質ともに大手より充実しています

一見、地方でも大手の方が、
求人の数は多そうなので、募集している数も
多いように見えますが、
実際には大手の営業所地方でも多数ありますが、
そこに配置されている人員1,2名という状態も良くあります。

故に地方密着型の人材紹介会社の方が
その地域では10名、20名の社員がいたりするので、
求人の数は大手よりそろっていたりもします。
鳥取県や山口県といった中国地方でも、
北陸地方でも、北海道の釧路や富良野、網走と
いったところでも顕著にそういった事例が多い状況です。

もちろん、それ以外の地域でも、
地方密着型の人材紹介会社の方が
求人が多い地域は多数あります。

薬剤師の仕事募集という求人も多数ありますが、
都市圏、地方によって、
人材紹介会社の活用法若干異なりますので、
住んでいる地域、働きたい地域によって、
人材紹介会社を上手く活用していきましょう。

では次項につきましては、転職・就職するにあたって
勤務内容や働いている中身によっての年収の違い
深く見ていこうと思います。