管理薬剤師になるには、
どのような手順を踏めばよいのでしょうか?

管理薬剤師の職務
店舗等を管理監督するのが職務です。

管理薬剤師には、大きく分けて主に3つの業務があります。
まず1つ目は管理業務従業員の監督と、
医薬品の管理の2つになります。

2つ目は、適正な使用のための情報提供業務です。
これは管理薬剤師自ら行っても、他の薬剤師が行っても、
どちらでも構いません。購入者の求めている
医薬品が不適当ではないかどうか、
それを判断するのが仕事です。

最後の3つ目は、副作用情報の収集や報告など、
管理業務や情報提供業務の業務です。

管理薬剤師であるか否かに関わらず、
薬剤師であればもちろん、医薬品に関する十二分な知識を
持っていることは必須ですが、
管理薬剤師には、医薬品に対する広くて深い専門知識が必要です。

そして医薬品に対する幅広い知識のみならず、
薬局全体を管理していくことのできる、
質の高いマネジメント能力が必要です。

まとめると、

1、医薬品に関する管理能力
2、人材に関する管理能力(マネジメント)
3、医薬品の情報提供業務
4、医療関連の情報提供業務

といったことが通常の勤務薬剤師の業務以外
必要になってきます。

管理薬剤師の仕事をまとめてみましたが、
働く場所業務によってさまざまですので、
その企業によって学ぶべき内容は若干異なります。

「薬剤師って大学を卒業してもずっと勉強なんだなぁ」
と晴れて薬剤師になった後に実感される方は多いと思いますが、
その勉強内容は学生時代よりさらに質も量も求められています。

そして、それは薬剤師としてだけではなく、
社会人として学ぶべきことも多いということですね。

では次項に関しましては、
管理薬剤師に昇進するために大切なもう1つのこと
書かせて頂きます。