管理薬剤師になるには、
どのような手順を踏めばよいのでしょうか?

管理薬剤師の職務
店舗等を管理監督するのが職務ですが、
これは社会人なら、どなたでも言えるのですが、
特に近年では医療現場における
コミュニケーション能力の向上が指摘されています。

管理薬剤師になるためにも
人の管理・指導をしないといけないため、
コミュニケーション能力は必要不可欠な能力です。

仕事をする上でも、相手の状況に合わせて
上手くコミュニケーションをとることが求められます。
ですが残念ながら、コミュニケーションを
苦手にしている薬剤師の方は少なくはありません。

この背景には、従来の4年制薬学教育では
創薬や分析といった「モノ」として
医薬品を学ぶことに主眼が置かれていました。

ですが、医薬品を通じて患者のケアに貢献するという
「臨床薬学」の視点が欠けており、
その結果として患者との接し方などを
学ぶ機会がなかったという事情があります。

そのために国家試験に合格して病院や薬局に勤務しても、
臨床薬学が欠けていたために、
直ちに業務に対応することが難しく、
現場での再教育が必要でした。

現場での指導ということで2度手間だったため、
2012年に初めて新卒者が
医療現場に出ることになった6年制薬学教育です。

従来の創薬偏重から臨床薬学を重視した6年制の薬学教育では、
病院薬局、保険薬局で計5ヶ月の実務実習を行うことが
義務付けているのが今の制度です。
実際の医療現場で長期間の実施を行うことで、
患者とのコミュニケーション能力を養います。

薬学部から就職する際でも、実務実習が入りますので、
コミュニケーション能力を養って、
相手の話を聞き、自分の考えを伝えることは
それだけ現場では重要なことといえます。

では次項については、
このような薬剤師としてのコミュニケーションについて
語っていこうと思います。