管理薬剤師になるためには、
昇進という手もありますが、
「転職」管理薬剤師になるという手もあります。

今の現状を変えるために
転職という手もありますが、
転職する際に大切なこと
3つあります。

1つ目が求人をどこで探すか。
2つ目が募集内容・求人内容を正しく読むこと。
3つ目が勤務地をどうするか。

3つになります。
1つ目のどこで求人を探すかは、
いろいろな選択肢があるかと思います。

ハローワークにしても、求人誌にしても、
新聞にしても、いろいろとありますが、
管理薬剤師になる場合は、
2パターンくらいしかありません。

1つ目求人・転職サイトに登録して
仕事を探すことです。

2つ目人材紹介会社に頼んで、
仕事を探してもらうことです。

この2つが薬剤師の場合だと、
効率よく仕事を探すことが出来ます。

確かにハローワークや求人誌、
新聞でも求人は載っていますが、
薬剤師のような専門性が高い求人の場合は、
多くは「非公開求人」もしくは「紹介のみ」の求人
ということが多く、一般公開されていない求人が多いのが特徴です。

特に人口が多い都市圏では、そういったことが顕著に起こっています。
関東では東京都や神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県。
関西では大阪府、京都府、奈良県、兵庫県。
東海地方では愛知県(特に名古屋市)、静岡(特に浜松市)。
中国地方では広島県、岡山県。
北九州でも福岡県や長崎県で
「非公開求人」「紹介のみ」の求人が増えています。

管理薬剤師の仕事として、
病院、製薬会社や調剤薬局の転職情報・求人情報
薬剤師専門の求人サイトに登録して、
「薬剤師の転職・薬剤師の求人」といった
非公開の求人情報を探ってみたり、
紹介を受けるのもありです。

では次項につきましては、
人材紹介会社を上手く使った求人を探す方法
見ていこうと思います。