薬剤師になるためには、
大学に行き、実習研修がありますが、
管理薬剤師になるためには、
コミュニケーションスキルが不可欠です。

もちろんですが、勤務薬剤師として
働くのであれば患者さんと話す機会
多いかと思います。

第一類医薬品では、薬剤師が書面を用いた
情報提供を義務付けされていますし、

第二類医薬品では、薬剤師または
登録販売者の努力義務で患者さんには
伝えないといけませんし、

例え、第三類医薬品だったとしても、
患者さんが疑問に覚えて、質問して来られたら
答えないといけない義務が発生します。

その受け答えはしっかりとしなければなりません。
例えばですが、薬剤師ではなく、
営業マンの場合では、それが顕著に出ます。

営業の方に最も必要なビジネススキルは、
なんといってもコミュニケーション能力ですが、
もちろん基本的なビジネスマナー、自社だけでなく競合となる
会社の製品サービスに関する十分な知識、
セールスに必要な資料などを作成するためのスキルなども必要です。

その中でコミュニケーション能力の割合
とても高くなっています。
また単にコミュニケーション能力といっても、
相手の欲しい情報を的確に伝える力、
こちらの伝えたい情報を漏れなく伝える力などが挙げられます。

そのコミュニケーション能力の中で、
最も大切なものと言われているのが、
「傾聴」です。

傾聴は相手を重要な人物としてとらえ、
相手の話を興味を持って、どのような気持ちで
話しているか考えながら聞くスキルです。

相手が話していること正確に聞き理解することが必要ですが、
案外、ここの部分が出来ている方が
少ないことが現状で良くあります。

他人を理解することは非常に難しいことです。
しかしながらコミュニケーション能力を延ばすということは、
そういったことにも注意しなければなりません。

では次項に関しましては、
相手に正確に言葉を伝える・聞き取るをテーマに
説明していこうと思います。