管理薬剤師になるには、
どのような手順を踏めばよいのでしょうか?

前回の記事では薬剤師でも
コミュニケーション能力は大切だと
書かせて頂きました。
(管理薬剤師になるために最も必要な能力とは?)

コミュニケーションを苦手にしている
薬剤師の方は少なくありません。
これからの時代は、自分の考えを患者や医師に
伝えることのできる
コミュニケーション能力が必須となります。

実は言うと、売り手市場と言われる薬剤師(調剤師)業界も、
数値だけを見れば、供給が需要を上回っております。

厚生労働省の「薬剤師需給の将来動向に関する検討会」
2007年にまとめた報告書ですが、
以下のようになっています。

(薬剤師表・エクセル)

2012年の時点約8万5千人が供給過剰
(無職者は含まれていません)
となっており、2017年には10万人以上
供給過剰になるとしています。

6年制薬学教育への移行の影響で、
2010年と2011年の2年間、
薬学部の新卒者が出なかったため、
不足感に拍車がかかった側面もあります。

また資格者が供給過多と言ったとしても、
薬剤師は6割近くが女性の世界です。

結婚後は、半分以上の女性は、
職場に復帰せず、その資格もタンスの奥
しまってしまうと言われています。

ですが下手をすると今後、歯科医と同じように、
異常な供給過多が起こり、
年収200,300万円代という世界が
広がってしまう可能性があります。

特に考えなければならないのは、
6年制教育臨床薬学が重視された結果、
薬剤師として他の職種には行きにくい現状
生まれていることがあがります。

いくらドラッグストアーのような店舗が
増える傾向になっているといえども、
今後のこの供給過多の現状
考えていく必要があることです。

売り手市場から買い手市場への
変換がそこまでやってきたとしたら、
ただ免許を持っているだけの薬剤師は淘汰され、
医薬品に関する高度な知識と、患者さんや医師との
コミュニケーションスキルの双方を備えた
薬剤師が求められる時代が来る可能性も考え、
今からコミュニケーションスキルも高めていくことは
非常に大切なことです。

では次項につきましては、
実際にコミュニケーション能力を高める方法
見ていこうと思います。