管理薬剤師になるために
転職する際に気を付けるべきことの1つとして
【求人条件】というものがあります。

これは入社時に
「雇用契約書」「労働条件通知書」
を会社(企業)から渡されるのですが、
入社・雇用条件の確認は大切なことです。

このような結果を招いてしまう根本原因の1つ
求人元に対する情報不足です。

例えば良くあるのが、
薬剤師の転職にあたって、
友人知人の紹介を利用する人も少なくありません。

学生時代からの友人は薬学関連ですので、
ほとんどの方が薬剤師でしょうし、
現状、どの薬局でも薬剤師を
欲しがっているところばかりです。
友人を紹介した従業員には、
報奨金を出す会社すらあります。

友人知り合いの紹介で転職したとき
一番問題になるのが、
転職先が合わず辞めたいというときです。

入社早々辞職したと友人の面目をつぶしたくないし、
かといってこのまま勤務を続けるのは
自分が辛くなってしまうと限界まで
悩んだ末に健康も友人関係も損ない辞職する
というパターンが多いものです。

故に、いくら紹介とはいえ、
気軽に誘いに応じるのは危険です。

求人元に対する情報不足により、
そのような事態が起こりますので、
情報を集めるために、なるべくなら薬剤師専門
求人サイトに登録するなりして
情報収集に努めましょう。

求人サイトに登録することによって
自分で膨大な求人数のなかから手探りで探すより、
ずいぶん効率よく、また条件のいい求人
見つけることができます。

情報収集は良い求人良い企業
見つけるためには重要なことです。
しっかりと調査して、
良い会社を見極めていきましょう。

では次項に関しましては、
もう1つ良い会社を見極める方法があるので、
それを書いていこうと思います。