管理薬剤師になって、
年収1000万を超えるためには、
どのようなことが必要なのでしょうか?

この方法は、すぐに年収1000万
目指す方法ではなく、
長期的視野で年収1000万を
目指していく方法です。

例えばですが、2人の薬剤師がいました。
どちらの方も中途採用で、
同じドラッグストアにいて、同じ仕事内容で、
同じ役職同じ年齢同じ性別の方が
いたとしましょう。

でも給与は違って

Aさんは年収400万
Bさんは年収600万

数百万の差が付くときがあります。
これはどうしてかといえば、
「前職の待遇によります」

Aさんの前職は年収300万
Bさんの前職は年収500万

というように前職によって
待遇の差が出ます。

つまりこういったことが言えます。
新卒時第2新卒キャリアアップの転職

1社目:新卒時に勤める企業
2社目:第2新卒の時にちょっと厳しくても【給与が良いところに行く】
3社目:給与を踏まえて交渉しつつ【福利厚生が良いところに行く】

という3段構えで仕事を選んでいき、
転職でのキャリアアップをしていく方法です。

この方法でしたら、時間をかけてじっくりと
キャリアを積むことも出来ますし、
計画を持って、長期的な目で働くことも出来ます。

なおかつ2社目くらいの段階で、
「管理薬剤師」の経験を積んでおいて、
3社目の転職の際に履歴書や職務経歴書に
「管理薬剤師の経験あり」と書いておくと
なお効果的です。

そうすることで交渉もしやすくなり、
採用もされやすくなります。
また3社目でも比較的早めに、
「管理薬剤師」にして貰える可能性が高いです。

では次項に関しましては、
薬剤師として働く際に法律上、注意するべきこと
書かせて頂きます。