管理薬剤師になって、
年収1000万を超えるためには、
どのようなことが必要なのでしょうか?

前回では1つの方法として、
ドラッグストア製薬会社で昇進することを
書かせて頂きました。
(薬剤師で年収1000万稼ぐための戦略とは?)

今回はもう1つ年収を上げるための
良い方法を書いていきたいと思いますが、
始めに結論から書きますが、
「地方都市で薬剤師として働く」という方法です。

たいていの職種・業種では、
地方より都会のほうが給料が高いものですが、
薬剤師は地方のほうが給料が高くなります

現状、地方では薬剤師の人材不足は深刻です。
地方都市でもそうですが、電車やバスも
そのような地域での薬剤師の年収は
700~800万円が珍しくありません。

薬剤師不足は深刻な地域
急募の案件だと900万円~1000万円
という求人案件もあったりもします。

実は言うと薬剤師が年収を上げる一番の早道は、
地方で働くこととも言われています。
地域によってはお年を召した方が多いので、
夜が早いので薬局も営業時間を超えてまで来る
患者さんがいないので、残業ない勤務先もあります。

地方の場合、お勧めの勤め先は、
門前薬局です。総合病院の近くには、
その病院の処方箋を受け付けることを
目的とした調剤薬局が並んでいます。
そうした薬局を門前薬局と言いますが、
調剤薬局への就職を目指す薬剤師にとって、
人気の高い就職先の1つですが、
地方はその門前薬局ですら、
薬剤師が不足している場合があります。

門前薬局なので、
そこそこの仕事数がありますから、
売上は安定しています。

問題は地方に就職したい場合、
どうやって求人情報を集めるかです。
そういった場合は、薬剤師専門の求人サイト
医療関連に強い人材紹介会社を使って
情報集めをしてもらうのが効率的かつ
効果的に情報を集めることが出来ます。

基本、地方は物価も安いですし、
特に不動産関連が安いので、
住まいも安価で手に入ります。
もしかしたら節約にも貢献できて、
貯蓄もしやすいかもしれませんね。

では次項に関しましても、
他にも薬剤師として年収1000万は稼ぐための戦略
ありますので、それを書かせて頂きます。