管理薬剤師になるためには、
昇進転職といった手段がありますが、
そもそも給与、年収といったものは
どれくらいが目安なのでしょうか?

薬剤師の方についての
平均年収の話は
以前の記事で書かせて頂きました。
(管理薬剤師の平均給与はどれくらい?)

薬剤師の平均年収500万円前後です。
中でも薬剤師の過半数の勤め先を占める病院
調剤薬局の給与水準がそれほど高くはありません
昇給の幅も小さいので、生涯年収
そこまで高くはなりません

もしも薬剤師で高給を狙うとしたら、
製薬会社ドラッグストアがお勧めです。
製薬会社ドラッグストアは企業(会社)によっては、
課長クラスで年収1000万円を超えることがあります。

特に初任給として高めの設定となるドラッグストアですが、
新卒の大量募集によって薬剤師を一括確保し、
1店舗の配置数が少人数で、
管理薬剤師に短期のうちに
昇格できる企業も多いのが特徴です。

管理薬剤師手当も1万円~8万円くらいまでと、
企業によって幅が広いのですが、
企業によっては管理薬剤師というだけで、
年収700~800万も行く企業もあります。

もちろん、その上の役職を目指せるのであれば、
ドラッグストアでしたらエリアマネージャーなど、
製薬会社だと医薬品製造監督者のさらに上の
管理職といった形になるのかと思います。

薬剤師で年収で800万円という
求人は時々見かけますが、
1000万円の案件を探すのは
なかなか難しいものです。

大手ドラッグストアのチェーンで管理薬剤師まで
勤めても年収800万円を超えるのは難しいですが、
マネージャーやさらにその上を目指すのなら
1000万超えは可能です。

このような管理職については、
マネジメント経営の仕事がありますので、
そのようなスキル知識が必要になってきます。
もちろんコミュニケーション能力
必要になってきますので、
学ぶことも多いかと思います。

では次項につきましては、
もう1つ、薬剤師として年収1000万は稼ぐための戦略
ありますので、それを書かせて頂きます。