管理薬剤師になるためには、
昇進転職といった手段がありますが、
そもそも給与年収といったものは
どれくらいが目安なのでしょうか?

厚生労働省の調査によると、
平成22年の薬剤師の平均年収
518万円(平均年齢39.0歳)
となっています。

平均労働時間は月173時間労働。
1日あたり8.3時間程度の労働量です。

開業していない薬剤師の場合は、
ほとんどが調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社
4つのうちいずれかに勤務している方が多数です。

大雑把な相場で言えば、
年収の目安は調剤薬局で400~650万円。
ドラッグストアで400~750万円。
病院だと400~650万円。
製薬会社は400~850万円。

といった形になります。
個々の会社によっては、もちろん規模売上
異なってきますので年収は異なってきます。

あくまで目安と捉えて欲しいのですが、
一般的に年収が最もよく、生涯収入が一番高額なのは製薬会社です。
ですが求人自身を大量に募集をかけませんので、
競争率が高かったりもします。

また人気が非常に高いのは病院です。
薬剤師の中では年収が比較的安いものの、
患者さんとのやり取りが多く、
大きなやりがいを感じることが出来るため、
人気が高い勤務先です。

以上、主要勤務先の年収と、
それらの比較をしてみました。

一応、先程の薬剤師年収平均の相場は、
経験者の場合でした。
もちろん未経験者新卒の方の場合の
転職・就職だと年収は若干下がります

また管理薬剤師のような
役職付きの方々だと、
この年収より若干高くなります。
残業代は別なので、
もう少し高くなるかもしれません。

一応、目安として
参考にして頂ければと思います。

では次項につきましては、
もう少し詳しく薬剤師の年収について
迫っていこうと思います。