管理薬剤師になったとしても、
さらに収入を増やしたく、
薬局やお店をまたいで2,3店の勤務先
兼務することは可能なのでしょうか?

管理薬剤師は薬事法により
医薬品が存在する所に必ず常駐することが規定されています。
そのことについては前回の記事
いくつかの例外が存在すると書かせて頂きました。
(薬剤師は兼務して働いても良いのだろうか?)

兼務の例外の1つとして
兼務兼業が禁じられている管理薬剤師地域薬剤師会から
「人手不足で緊急対応のための薬剤師の手が足りない。」
といった支援要請が薬局宛にあった場合、
自分が管轄する薬局以外の場所で行う薬剤師の業務を
兼任することが許されています。

地域薬剤師会が行う地域医療の啓蒙活動も
近年ますます活発となって、
ベテランの管理薬剤師が勉強会の講師を
頼まれるということもあります。

また、これも兼務の例外の1つですが、
薬品卸売り販売業者の管理薬剤師の仕事も
時には兼務も認められています。

卸売り販売業者における管理薬剤師の役割は
医療機関に流通する倉庫に備蓄された
薬品サンプル医薬品の品質検査管理が主になってきます。

といくつかの例外を書かせて頂きましたが、
基本、特例が無い限り管理薬剤師は兼業は禁止です。

例え管理薬剤師がパートアルバイトといった
非正社員であったとしても、一切他の業務に関与したり、
兼業したり兼任したりすることが法律上許されていません
法律上、違法行為です。

名義貸し・名前貸しといった行為も
もちろん法律違反ですので、気を付けましょう。

もともと管理薬剤師はその薬局などの職場に置いて
他の薬剤師等を管理する立場にあります。
調剤薬局などでは早目の時間で終わる所もあるとは言え、
やはりその職務内容は多岐に渡りハードだと言えます。

仕事柄常に勉強しなければならないとも言え、
新薬の開発などは日に日に進んでおり
それらの勉強は日々怠る事は出来ません

そのために兼務兼業にて、
仕事を増やすことはあまりよろしくみられていないため、
兼務や兼業は基本、禁止になっているということです。

では次項につきましては、
兼務はダメかも知れませんが副業に関しては、
管理薬剤師は許可されているのでしょうか?
この部分を見ていきたいと思います。