管理薬剤師になったとしても、
兼務は基本禁止されていると、
前回の記事でも書かせて頂きました。
(薬剤師は兼務して働いても良いのだろうか?)

本業の休みの日終業後
利用して本業を行う人も増えています。
サラリーマンなどで時間にも
余裕がある人が行うケースが多いようです。

では管理薬剤師においては
副業は出来るのでしょうか?

先に結論から言ってしまえば、
出来る方出来ない方」がいらっしゃいます。
まず出来ない方は薬剤師でありながら、
公務員である方です。

「国家公務員法第103条」および
「地方公務員法第38条」で
厳しく規制されているため公務員は
副業が出来ません
ですが、原則として上長の許可を得ればOKです。

民間企業の場合は、就業規則
副業が禁止かどうかによります。

副業が認められている会社ならば、
副業をすることはOKです。
許可制の場合は、会社から許可を取り、
指示を仰ぎましょう。
副業が禁止の場合は、やらない方が良いのですが、
実は言うと、就業時間外は労働者の自由な時間ととらえ

労働契約上の権限が及ばない範囲の
二重就労であれば、副業も可能である。」

という裁判の判決がいくつも出されています。

また憲法で職業選択の自由が認められているので、
本来であれば、勤務時間外に何をするのかは、
従業員の自由に委ねられています。

そもそも就業規則とは、
企業側と従業員間の無用の争いを防ぐことを狙いにしています。
就業規則と法律では法律の方が強い効力を持つので、
いくら「副業禁止」会社が語ったところで、
就業時間内においては雇用契約の一部として法的な拘束力を持つだけで、
「就業時間外」においては拘束力は持ちません

故に、副業がバレタからといって、
会社から注意訓告を受けたりはするでしょうが、
懲戒解雇減給といったことはありません。

ですが「本業の就業時間内において支障で出る」ような
副業の場合だと懲戒解雇や減給になる可能性があります。

例えば、副業をすることで
労働時間が長くなり本業でミスが続いたり、
副業が深夜まで続いて、遅刻欠勤が良くあったり、
本業で知り得た情報副業の方で漏洩させていたり、

本業に不都合が出ると、
「懲戒解雇」をしても良い正当性が出てきます。
何事も自主判断になりますが、
自己責任を持って副業をやっていきましょう。